bgmaximage bgmaximage bgmaximage bgmaximage
--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.08.31 Sat 19:10

守安功&雅子 モリスコCeltic concert vol.2


~ヨーロッパのケルトを巡る音楽紀行コンサート~
アイルランドの懐かしい風・・・スコットランドの青い海・・・
ガリシアの恋の誘惑・・・
咲き誇るウェールズの花・・・


著名なアイルランド伝統音楽演奏家、守安夫妻をお迎えし、
大好評だった夏至コンサートに続くジョイントライブ第二段!
この機会にぜひお越し下さい!

【日時】9月16日(月・祝) 
開場 14:30 / 開演 15:00
【料金】2500円+1ドリンクオーダー
【場所】フィドル倶楽部
(四ツ橋駅から歩いて2分)
http://www.fiddle-club.com/
【出演】
♪守安功・雅子(もりやす いさお・まさこ)
東京在住。1990年代より毎年数ヶ月間アイルランドに滞在。
アイルランド国営放送がドキュメンタリー番組を制作する程に、現地の演奏家達から深く熱心に学び、演奏し伝える活動を続けている。

♪moris.co (モリスコ)
アイルランド、スコットランド、ウェールズ、イングランド、更に ブルターニュ(仏)、ガリシア(西)、ケベック(加)など・・・各地に伝わるケルト音楽をお届けいたします。

【ご予約・お問合】morisco@hotmail.co.jp
【主催】moris.co
【共催】フィドル倶楽部  
【フライヤー協力】TOMATO


♪♪セッション&パーティー♪♪

ライブの後は演奏者を囲んでのセッション&パーティを企画!
アイルランドのパブで行われているような「アイリッシュ・セッション」を行いながらのパーティです♪♪
お気軽にご参加ください!

・MY楽器持参でのご参加大歓迎!
・歌う方、踊る方も大歓迎!
・もちろん聴くだけ、観るだけ、食べるだけの人も大歓迎!

フィドル倶楽部が提供する料理と共に、
アイルランドのパブに居るかのような時間をご一緒に!

【開始】18:30~20:30
【料金】2000円(お料理+1ドリンク付き)
【場所】フィドル倶楽部

☆★セッション&パーティーへのご参加は、Liveに来て頂いた方のみに限定致します★☆


【守安功&雅子夫妻 プロフィール】
アイルランドの著名な音楽家は勿論、数多くの地方の演奏家にも師事。その活動がドキュメンタリーとしてアイルランド国営放送で放映された。
最近ではアイルランドとスコットランドの17世紀から19世紀の音楽の発掘や、新しく作られた名曲の紹介なども積極的に行う。
更にアイルランドの大作曲家ターロック・オキャロランの全作品録音プロジェトが、世界初の試みとして音楽各方面より高く評価される。
またアイルランドの優れた音楽家やダンサーを多数招聘し、日本各地で共演するなど幅広く活躍している。

・守安功 (アイリッシュ・フルート、ホイッスル)
桐朋学園大学音楽学部古楽器科卒、同研究科修了。在学中より 国指定重要無形文化財江戸里神楽若山社中囃子方として活躍。
「アイルランド大地からのメッセージ」など著訳書8冊。
http://paddy1215.com/ ブログ「旅日記」 http://blog.livedoor.jp/paddy1215/

・守安雅子(アイリッシュ・ハープ、コンサーティーナ、バゥロン)
現地の第一線の演奏家や地方の農夫の演奏家たちの双方から、 コンサーティーナ、アイリッシュ・ハープを学ぶ。
夫の功とともに、アイルランド にて2枚のアルバムを制作し、 現地の新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などで取り上げられる。


【moris.co  プロフィール】
・高野陽子(ヴォーカル/バゥロン)
旅するうた人。ケルトの国々、沖縄の島々など様々な土地を訪れ、 長い時を経て伝わる物語やメッセージを歌い継いでゆく。
ライアー(竪琴)や三線の弾き語りの他、様々な音楽家と共演。  『蓮音日記~うたと旅のつづれ織り~』 http://hasunooto.blog109.fc2.com/

・籠谷紗希(フィドル)
幼少からピアノに親しみ、中学よりバイオリンを始める。 学生時代はクラシックに研鑽を注いだが卒業後あるミュー ジシャンに出会ったのを機に、
ジャズ、歌謡曲、ケルト音 楽の魅力に惹かれ、学び演奏し始める。その傍ら、自宅 て音楽教室を構え、音楽の楽しさを伝えている。


・貴瀬修 (アイリッシュ・ブズーキ)
「スタジオ・マムーン」を拠点に作曲、録音、編集、音響、 ステージ運営など幅広く音楽制作を行っている。
また演奏家として、歌手やケルト、アンデス、アフリカ、 オーストラリア等、さまざまな地域の民族楽器奏者と共演。
http://ma-moon.net/


来てねン


スポンサーサイト

Comments

Post Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。